コミケに持っていくと便利なもの

コスプレすることが前提でコミケに行く際、持って行くと便利だと思ったアイテムを、いくつかあげます。

安全ピン

衣装がほつれてしまった時や、衣装がずれてしまって困ったので、急遽タイツと衣装をくっつけたりなど助けてもらうことがありました。ただし、針が危ないので落としたりしないよう気をつけましょう。

ビニール袋

ちょっとしたゴミが着替えの際にでたりするので、みんなで気持ち良く更衣室を使うためにも持って行くといいと思います。

飲み物

冬は温かいものを少しづつでもとると、体温が奪われにくくなります。夏は脱水症状にならないようにするためにもこまめに取りましょう。

絆創膏

怪我もそうですが、思わぬ靴擦れなどの時などにも使えます。

アルコールウェットティッシュ

小さな10枚入りのようなものでかまいません。化粧の際手が汚れてしまった時や、冬なら手を拭いてから化粧などの顔まわりを触ることをした方が、感染予防にもなります。

冷えピタ(夏場)

体の太い血管が通っている、首元、脇の下、鼠蹊部を冷やします。衣装に隠れる部分だったら着替える際に貼っておくとコスプレ中少しでも楽になりますよ。

汗拭きシート(夏場)

制汗スプレーを使うより、体がさっぱりしてお肌がサラサラになります。汗でベタベタでタイトな服の場合、着替えにくくなる時もあるのと、スプレーと違って周囲にスプレーをかけてしまう心配がありません。

ホッカイロ(冬場)

基本的に貼るホッカイロの方が、良いと思います。荷物を持ちながらホッカイロを持って歩くと、落としてしまうことが多々あるのと、邪魔になってほとんど使わなかったりするので…。貼る時はおへその下、女性でいう子宮のあたりに関元というツボがあるので、その部分を温める。もしくは、仙骨の上あたりを温めると良いです。

コスプレ衣装の上に羽織るものなどの防寒具

会場まで来て行く上着で、コスプレ衣装の上に羽織れるなら問題ないのですが、タイトな上着だと、着脱の際に困る時もあるので、必ず自宅でチェックしておいてください。

そして、会場はとにかく寒いです!暖かいインナーや厚めのタイツなどは、露出対策にもなりつつ防寒にもなります。体調を崩さないためにもしっかり対策しましょう。

 

上記であげたものは便利だったアイテムなので、これだけ持って行けばいいというものではありません。

ハンカチ、ちり紙、たくさんの同人誌を買うなら入れるためのカバン、写真を撮るならカメラ、などそれぞれ違ってくると思います。

コミケは他のイベントと違い、本当に人が多く会場が広いので、いろいろなことを想定しつつ、最小限の荷物で挑むようにしましょう。

コスプレウィッグのMONOCOSトップページへ