コミケでのマナー(レイヤー編)

コスプレを楽しむ人達が増えてきたことはとても喜ばしいことです。

一緒の作品で、あわせて写真を撮ったり、自分の好きな作品のキャラクターのコスプレを見ることができたり、機会があればその衣装のお話で楽しくお話しできるかもしれません。

ですが、たくさんの人が集まるということは、それだけマナーというものを一人一人考えていかなくては、問題が起きたり誰かが悲しい思いをすることがあるということを忘れてはいけないと思います。

 レイヤーのマナーとしていくつかあげます。

更衣室や撮影場所でスペースを占領したり、ゴミや荷物を放置しない。

たくさんの人が利用する場所ですので、みんなで気持ち良く利用することを考えると良いでしょう。特に人が多い時は譲り合いの精神が大切だと思います。

例えば着替える際に、少しでも無駄にスペースを広げず着替える事が一人一人できれば、着替え待ちをする人を減らすことができます。ゴミに関しては、一般的な常識として考えていただきたいです。

時間や場所を守る

イベントでコスプレをする際、コスプレができる場所や時間は基本的に決まっています。これは、自己防衛のためでもあります。

コスプレは楽しい趣味ですが、一般の方には偏見がある方もいます。自分一人くらいといってコスプレの衣装のままで会場以外を移動すると、コスプレイヤー全体のモラルが問われてしまいます。ですので、コスプレをしても良いと許可をもらっている場所、時間でコスプレを楽しみましょう。

また同じアニメやゲームなどのテーマの人同士で合わせをする際も、時間や場所を守るということは大切なマナーです。もし変更になりそうな時、遅れてしまいそうな時相手に連絡を入れるっということは忘れずに行いましょう。

相手や周囲の人を意識した言動をとる

大きな声で自分の姿や衣装のことを中傷されたらどんな気持ちになるでしょうか?

良い気分になるという人はほとんどいないでしょう。

また、全く知らない通りすがりの人や、少し顔を知っているという人に突然タメ語で話されたらどうでしょうか?気にしないという人もいるかもしれませんが、だいたいのひとは驚いたり、警戒したり、時には不快に感じる人もいますので、敬語できちんとお話するようにしましょう。

同じレイヤーというだけで、突然仲の良いお友達になれるわけではありません。

大好きなキャラクターのコスプレをして、気分が盛り上がってしまうのもわかりますが、自分の好きな作品を傷つけないためにも周囲への気遣いを忘れないようにしましょう。

露出対策、禁止や制限をされている衣装のチェック

それぞれ禁止や制限されているのには、ちゃんとした理由があります。それは自分の身を守るためであったり、他の方々に迷惑や誤解を与えないようにするためでもあります。

イベントによって内容は変わってくるので、必ずイベントの前にチェックするようにしましょう。またわからない場合は、運営者さんに質問してトラブルにならないようにしましょう。

他にも、マナーとされることはいくつかあります。

基本的にどれも一般的な礼儀や心遣いなどに通じることが多いと思います。

親しい仲にも礼儀ありという言葉を忘れずに、コスプレという目立つ趣味だからこそ、素敵な振る舞いをしてたくさんの人に楽しんでいただきたいです。

コスプレウィッグのMONOCOSトップページへ