ウィッグのお手入れ・保管方法

せっかく買ったウィッグ。長く綺麗な状態でコスプレに活用するためにも、ちゃんとしたお手入れと保存方法を知っておきましょう。

使用前後は必ずブラッシング

コスプレウィッグのお手入れ - 使用前後は必ずブラッシング

ブラッシングをする時は、必ず毛先から行うことを忘れずに!頭頂部から行うと、抜け毛や、もつれにつながります。

絡まってしまった場合は無理に櫛を通そうとせず、ウィッグ用のスプレーなどでしっかり濡らした後に、毛先から徐々にほどいていきましょう。

そして、ブラッシングが終わったら、ウィッグスタンドなどに掛けておきましょう。その際、ウェーブがあるウィッグだと毛の重みでウェーブが取れてきてしまう場合があるので、ウィッグスタンドの周りにバスタオルなどで囲むなどし、毛先はそこに乗せてウェーブが伸びていない状態にするとウェーブが取れづらくなります。

長期間保管する場合は、ウィッグ保護ネットなどに入れ(購入の際ついてくることが多いですが、無い場合は買うこともできます)毛に変なくせがつかないような状態で、暗所で保管しましょう。例えば、ロングストレートのウィッグなら、そのまま折らずにまっすぐの状態で保管することをお勧めします。

ウィッグの洗う時はやさしく、ていねいに

=

お手入れとして、洗う場合は必ず洗えるものか確認してください。

洗えないものを洗ってしまうと、酷くもつれてしまったり、髪型が変わってしまう可能性がかなり高いです。

ウィッグの形をなるべく崩さないようなサイズの洗面器に、水かぬるま湯を準備します。熱いお湯は変形してしまうことがあるので使用しないでください。

そこに、シャンプーを3、4滴垂らして混ぜます。混ぜる際は、軽く泡立つ程度にしておいてください。

洗面器の中にウィッグを入れて、2、3分おきます。これだけでも、汚れや皮脂が浮き上がってきます。おいたら、2、3回優しく押し洗い。できたら洗面器の水を流し、綺麗な水を入れるためすすぎを2、3回行います。

シャンプーの洗浄力で汚れは落ちますので、絶対に強くこすったりしないようにしましょう。

また、すすぐ際に強くもんだりするともつれの原因になるので、指先で優しく行いましょう。

リンスもシャンプーと同じ手順で行っていきます。洗面器に水を溜めて、リンスを2、3滴。ウィッグを入れて2、3分おき、2、3回すすぐ。そして、バスタオルでウィッグを包み、優しく丁寧に水分を取りましょう。

ウィッグの乾燥は陰干しでじっくりと

コスプレウィッグのお手入れ - ウィッグの乾燥は陰干しでじっくりと

乾燥は、風通しの良い場所で陰干しです。直射日光は避けましょうね。

ドライヤーで乾かすと毛先が痛んだりしてウィッグの寿命が短くなってしまいます。

基本的には、ウィッグスタンドなどに掛けて干しますが、ウェーブがあるものの場合、ウェーブを取れないようにするためにも、寝かせて干すのもありです。その際は、時々ウィッグを動かしたり、バスタオルを変えたりなどして乾き残しのないようにしましょう。

乾いたら毛先からブラッシングをして整えます。これで手入れは終了です。

大切なウィッグを末永く使う為の保管方法

コスプレウィッグのお手入れ - 大切なウィッグを末永く使う為の保管方法

保管時ですが、マネキンやウィッグスタンドに被せて保管します。もし長期間使用しない場合はブラッシングをして整えてから保護用ネットに入れて保管します。この時に湿気と型崩れ対策として頭と同じ程度のサイズになるように新聞紙を丸めて詰めておきます。また、ロングのウィッグに関しては根元に近い順に4ヶ所程度をリボン等で弱めに結んでおくことで毛先が整ったままの状態で保管することが出来ます。

 

とても繊細なものなので、全てにおいて優しく丁寧にを忘れずに扱いましょう。

コスプレウィッグのMONOCOSトップページへ